心身医学
Online ISSN : 2189-5996
Print ISSN : 0385-0307
Public Health Research Foundationストレスチェックリスト・ショートフォームの作成 : 信頼性・妥当性の検討
今津 芳恵村上 正人小林 恵松野 俊夫椎原 康史石原 慶子城 佳子児玉 昌久
著者情報
ジャーナル フリー

2006 年 46 巻 4 号 p. 301-308

詳細
抄録

健常者の日常生活におけるストレス反応の表出を精神面と身体面から多面的に査定でき,かつ簡便に査定できるような自己評定式のストレス反応尺度〔PHRFストレスチェックリスト・ショートフォーム;PHRF-SCL (SF)〕を作成し,その信頼性と妥当性を検証した.18〜64歳までの男女34,556人に50項目の質問紙を実施し,因子分析により24項目を選定した結果,次の4下位尺度を得た:不安・不確実感,疲労・身体反応,自律神経症状,うつ気分・不全感.信頼性はCronbachのα係数を算出することにより検証した.また,因子的妥当性は確認的因子分析により,構成概念妥当性は得点が異なると考えられる群間差の検定とストレッサーとの相関分析により,基準関連妥当性はCMIの得点との相関分析により検討した.その結果,PHRF-SCL (SF)は高い信頼性と妥当性をもつ有用な尺度であることが明らかにされた.

著者関連情報
© 2006 一般社団法人 日本心身医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top