心身医学
Online ISSN : 2189-5996
Print ISSN : 0385-0307
ペットロスに伴う悲嘆反応とその支援のあり方
木村 祐哉
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 49 巻 5 号 p. 357-362

詳細
抄録

少子高齢化の進む現代の日本において,ペットは家族の一員として重要な存在となっている.そのようなペットの喪失によって強い悲嘆が生じうることは,「ペットロス」という言葉とともに知られるようになったが,十分な社会的理解が得られるには至っていない.本稿では,ペットロスに伴う悲嘆反応とそれに対する支援について諸文献から考察した.ペットロスは対象喪失の一種であり,親しい人物との死別の場合と同様の悲嘆のプロセスを経るとされる.専門的介入もまた有効であると考えられているが,安楽死の決定にかかわる罪悪感や,周囲との認識の違いによる孤独感など,ペットロスに特異的な状況が存在するということにも注意する必要がある.本稿ではさらに,日本におけるペットロスの現状について触れ,今後の研究に求められる課題を明らかにすることを試みた.

著者関連情報
© 2009 一般社団法人 日本心身医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top