心身医学
Online ISSN : 2189-5996
Print ISSN : 0385-0307
ISSN-L : 0385-0307
教育講演
複雑性PTSDへの簡易トラウマ処理による治療
杉山 登志郎
著者情報
ジャーナル フリー

2019 年 59 巻 3 号 p. 219-224

詳細
抄録

ICD-11によって, ようやく国際的診断基準に複雑性PTSDが登場する. 診断基準が存在しなかったこともあり, 複雑性PTSDに対して, 医療は治療的な対応がほとんどできていなかった. しかし診断基準の登場によって専門家は直ちに対応を求められることになる.

筆者は子ども虐待の治療に従事する中で, 多くの子どもとその親の併行治療を行ってきた. 加虐側の親も元被虐待児でありその多くは複雑性PTSDと診断がされる成人であった. 複雑性PTSDについて, その臨床像を紹介し, 筆者が現在たどり着いた複雑性PTSDへの誰でも実施が可能な安全性が高い治療技法の紹介を行った. 基本は, 少量処方, 漢方薬の使用, そして簡易型のトラウマ処理である. この組み合わせによって, 比較的安全な治療が可能である.

著者関連情報
© 2019 一般社団法人 日本心身医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top