日本小児腎臓病学会雑誌
Online ISSN : 1881-3933
Print ISSN : 0915-2245
総説
単一症候性夜尿症(monosymptomatic nocturnal enuresis)の薬物治療
大友 義之藤永 周一郎西崎 直人
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 29 巻 2 号 p. 122-129

詳細
抄録

夜尿症は小児の6.4%が病悩するアレルギー疾患に次ぐ慢性疾患である。6 歳以降が治療の対象となるが,生活指導などにて改善しない場合,積極治療を考慮する。デスモプレシンを第1 選択とする薬物治療とアラーム治療,あるいはその併用を行い,効果が乏しい場合には,抗コリン薬や三環系抗うつ薬の治療を考慮する。三環系抗うつ薬には過量投与による心毒性があることを考慮する必要がある。日本夜尿症学会では2004 年に発表した診療ガイドラインを2016 年に改定した。本総説では,その新ガイドラインに準拠して特に単一症候性夜尿症の薬物療法の最新の知見を概説する。

著者関連情報
© 2016 一般社団法人 日本小児腎臓病学会
前の記事 次の記事
feedback
Top