生理心理学と精神生理学
Online ISSN : 2185-551X
Print ISSN : 0289-2405
特集
集団の中で他者から選択されないことはネガティブに知覚されるのだろうか? ─事象関連電位を用いた検討─
川本 大史入戸野 宏浦 光博
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 29 巻 1 号 p. 33-40

詳細
抄録

人は他者から受け入れられているかどうかに対して敏感に反応する。社会的排斥は個人の感情や行動に多様な影響を及ぼす。しかし,集団から受け入れられていると感じる状況において他者から選択されなかったときに,排斥と類似した反応が生じるかは不明である。本研究では,そのような小拒絶に対する認知過程について,コンピュータ上で簡単なキャッチボールを行うサイバーボール課題を用い,事象関連電位(event-related potential: ERP)を測定することによって検討した。その結果,投球後約200 ms 後に,参加者に投球されたとき(受容試行)と比較して,投球されなかったとき(小拒絶試行)に,陰性のERP 成分であるfERN が惹起された。fERN は予測より悪かった事象に対して生じることが知られている。本研究の結果から集団の中で他者から選択されないことはネガティブに知覚されることが示唆された。

著者関連情報
© 2011 日本生理心理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top