生理心理学と精神生理学
Online ISSN : 2185-551X
Print ISSN : 0289-2405
ISSN-L : 0289-2405
原著
文字列特異的なERPの左側性化への物体にもとづく注意の役割
宇野 智己 片倉 崇吏河西 哲子
著者情報
ジャーナル フリー

2020 年 38 巻 3 号 p. 139-148

詳細
抄録

熟達した読み手における文字から音への潜在的で迅速な変換は,文字列特異的な事象関連電位成分であるN170の左半球優位性に反映されると考えられている。最近,この半球非対称性は文字列が知覚物体として注意に選択されて生じることが示唆された(Okumura et al., 2015)。本研究はこの見解を物体にもとづく注意の実験パラダイムを用いて検証することを目的とした。刺激は文字列(単語,非単語)か記号列にランダムドットを空間的に重畳させたものであり,課題は文字・記号列とドットのいずれか一方の色を判断することであった。結果として,文字・記号列に注意を向ける条件でのみ,文字列に対する左半球優勢な陰性増強が,刺激提示後約200―300 msに観察された。しかしながら,この効果は典型的なN170よりも潜時が長かった。これは重なった刺激間の競合の解決,または文字列の知覚的補完に時間がかかったことを反映すると考えられる。本研究は,文字列特異的ERPの左側性化に,文字列への選択的注意が必要であることをはじめて示した。

著者関連情報
© 2020 日本生理心理学会
次の記事
feedback
Top