生理心理学と精神生理学
心理社会的ストレスへのコルチゾールの反応性と脅威刺激からの注意解放の関連
木村 健太井澤 修平菅谷 渚小川 奈美子山田クリス 孝介城月 健太郎長野 祐一郎長谷川 寿一
著者情報
ジャーナル フリー 早期公開

論文ID: 1604ci

詳細
PDFをダウンロード (916K) 発行機関連絡先
抄録

本研究は,急性心理社会的ストレスに対するコルチゾールの反応性が脅威刺激からの注意解放の困難さと関連するか否かを検討した。この目的のため,手がかり刺激の提示時間を比較的長くした(1,000 ms)空間手がかり課題を用いて怒り顔への注意バイアスを計測した。実験参加者は,急性心理社会的ストレス課題を行った後空間手がかり課題を行った。本研究では,急性心理社会的ストレス課題により上昇した唾液中コルチゾール値に基づき,実験参加者をコルチゾール反応者と非反応者に分けた。その結果,反応者は怒り顔に対する注意の解放困難を示したのに対して,非反応者は怒り顔からの迅速な注意解放を示した。これらの結果は,急性心理社会的ストレスに対するコルチゾールの反応性の高さが脅威刺激からの注意解放の困難さと関連することを示唆する。

著者関連情報
© 2017 日本生理心理学会
前の記事

閲覧履歴
feedback
Top