日本補綴歯科学会雑誌
Online ISSN : 1883-177X
Print ISSN : 0389-5386
ISSN-L : 0389-5386
IMZインプラントの生存に関する2施設統合予後調査
渡邉 文彦多和田 泰之小松 繁樹高瀬 一郎畑 好昭榎本 紘昭古川 達也榎本 琴世
著者情報
ジャーナル フリー

2002 年 46 巻 5 号 p. 702-711

詳細
抄録

目的: 本研究は, 日本歯科大学新潟歯学部附属病院および三条市榎本歯科医院の2施設で過去13年間に行われた271症例, 972本のIMZインプラント13年間にわたる症例の予後評価である.
方法: 972本のインプラントのうち, 2年間に254人において臨床的に913本のインプラントが検査された (リコール率93.7%). 主に生存率, 上下顎の生存率, サイズ別生存率の項目について, Life Table AnalysisとKaplan-Meier法を用いて比較検討した.
結果: 検討の結果, 以下の結論が得られた. 1.両施設での累積生存率は5年目で96.3%, 10年目で92.6%, 13年目で89.9%であった.2.インプラントと天然歯との連結症例において, 施設1で12.1%, 施設2で6.8%に連結歯の破折が認められ, そのいずれも失活歯であった. 3.両施設のインプラントの生存率を, Kaplan-Meier法で解析した結果, 上下顎の生存率に有意差が認められなかった (Breslow-Gehan-Wilcoxonの検定, p=0.61). 4.また, インプラント体の直径3.3mmと4.0mm間 (Logrankの検定, p=0.51) およびそれぞれの長径間 (Logrankの検定, p=0.45) で生存率に差はなかったが, インプラント体のサイズ別の除去率をみると, 2施設で直径別では直径3.3mmが6.9%, 直径4.0mmが3.4%と, 径の太いほど低く, また長径では, 長径8mmが13.0%, 10, 11mmは4.4%, 13mmは2.0%, 15mmは0%であり, 短いほど高い傾向を示した.
結論: IMZインプラントの長期生存率は高く, 同インプラントが臨床的に有用であることが示された.

著者関連情報
© 社団法人日本補綴歯科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top