蘇生
Online ISSN : 1884-748X
Print ISSN : 0288-4348
ISSN-L : 0288-4348
人工呼吸を必要としない心肺蘇生法の試み
―経鼻的食道閉鎖チューブの作製―
小林 芳幸稲川 利光佐藤 能清佐藤 重仁
著者情報
ジャーナル フリー

2000 年 19 巻 2 号 p. 117-122

詳細
抄録

救急蘇生の手段としては, 一般に気道確保, 人工呼吸, 閉胸式心マッサージの組み合わせからなる基礎的救命処置が行われている。
われわれは, イヌを用いた実験で, まず無呼吸時に気道系に酸素を吹き流すことで血液の酸素化が十分行われることを確認し, 次に閉胸式心マッサージが, 換気効果も合わせ持つことを確認した。
この結果をもとに, 酸素を気道系に投与するための食道閉鎖チューブを考案し, 閉胸式心マッサージのみを行う心肺蘇生法を実験で試み, 臨床応用の可能性について考察した。

著者関連情報
© 日本蘇生学会
前の記事 次の記事
feedback
Top