J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本農村医学会雑誌
Vol. 54 (2005) No. 4 P 640-643

記事言語:

http://doi.org/10.2185/jjrm.54.640

原著

 RIBAテストIII; NS5抗体の有無を,ALT正常,HCVセロタイプI型のRNA陽性者31例について測定し,平均3年間追跡検討した。その結果,NS5抗体(-)は22例,NS5抗体(4+)が9例で,これは対照とした40IU/l<ALT<100IU/lC型非活動性慢性肝炎25例のNS5抗体(-)3例,NS5抗体(4+)22例の結果とχ2検定で有意の差があった。累積ALT正常値維持率について,NS5抗体(-)であった22例と,NS5(4+)であった9例を,Kaplan-Meier法で検討すると,Log-rank検定で,NS5抗体(-)群が有意に高率であった。従ってRIBAテストIII; NS5抗体陰性無症候性HCVキャリアの臨床的マーカーになり得ると考えられた。

Copyright © 2005 一般社団法人 日本農村医学会

記事ツール

この記事を共有