日本農村医学会雑誌
Online ISSN : 1349-7421
Print ISSN : 0468-2513
症例報告
ランソプラゾールに関連したcollagenous colitisの3例
森本 直樹倉田 秀一沖津 恒一郎砂田 富美子赤池 康
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 62 巻 2 号 p. 146-150

詳細
抄録

Collagenous colitis (CC) は,従来比較的まれな疾患と考えられてきたが,疾患概念の浸透とともに報告例が増加している。本邦では特にランソプラゾール (LPZ) に関連した症例の報告が多く,当院でも直近の1年間で3例を経験した。代表的な1例を提示する。症例は84歳,女性。他院処方のLPZを内服中。3か月間持続する水様性下痢の精査のために全大腸内視鏡検査を施行した。大腸粘膜は下行結腸近位部にわずかな毛細血管増生を認める以外に異常所見は認められなかったが,大腸各部位から生検を施行しCCと診断した。LPZを中止したところ2週間後には下痢は改善した。他の2例も慢性下痢症で受診され,内視鏡を施行して組織学的にCCと診断,内服中のLPZを中止することで比較的速やかに症状の改善が得られた。慢性下痢症の鑑別診断においては,本疾患も念頭にいれて,薬剤服用歴など詳細な病歴の聴取や,生検検査を含めた内視鏡精査を行なうことが重要と考えられた。

著者関連情報
© 2013 一般社団法人 日本農村医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top