リハビリテーション医学
Online ISSN : 1880-778X
Print ISSN : 0034-351X
ISSN-L : 0034-351X
脳卒中に伴う嚥下障害の予後予測
経口摂取の可否に影響する因子の検討
寺岡 史人西 眞歩吉澤 忠博百瀬 瑞穂平島 靖江市川 孝子
著者情報
キーワード: 脳卒中, 嚥下障害, 予後予測
ジャーナル フリー

2004 年 41 巻 6 号 p. 421-428

詳細
抄録

嚥下造影検査(以下VF)を行った急性期脳卒中220例について,退院時に経口摂取が可能となったか,一部でも経管栄養を要したかを帰結としてロジスティック回帰分析による予後予測を行った.対象の年齢75±10歳,脳梗塞154例,脳出血66例,平均入院期間106±62日であった.173例(79%)が経口摂取可能となり,47例(21%)では胃瘻等が必要であった.VF上の誤嚥,重度の片麻痺,画像上の両側病変が有意な予測因子として抽出された.得られた予測式で,2項目以上が良好な値であれば,経口摂取可能となる確率は90%以上と予測された.しかし,3変数とも不利な値でも,49%の患者が経口摂取可能となっていた.

著者関連情報
© 社団法人 日本リハビリテーション医学会
前の記事
feedback
Top