The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine
Online ISSN : 1881-8560
Print ISSN : 1881-3526
ISSN-L : 1881-3526
特集『意識障害とリハビリテーション医学』
意識障害慢性期の無反応覚醒症候群患者に向けたBMI応用
岡原 陽二高野 弘二小瀧 勝神作 憲司
著者情報
ジャーナル フリー

2020 年 57 巻 1 号 p. 23-28

詳細
抄録

遷延性植物状態と呼ばれていた最重症度の遷延性意識障害は,現在では無反応覚醒症候群(unresponsive wakefulness syndrome:UWS)と呼ばれる.その定義は,覚醒しているが自己,外界に順応した反応が欠如し,持続的な意思疎通徴候が認められない状態を指す.しかし,UWS患者は運動,言語反応の外部出力が障害されているため,外部刺激に対して本当に内的に無反応なのかということに関する明確な答えを得ることは難しい.ブレインマシン・インターフェイス(BMI)は,筋出力に頼らず,脳波などの脳からの信号を検出することによって,環境制御や文字入力などを可能にする技術である.本稿では,定常状態視覚誘発電位を利用したBMIによる,UWS患者を対象とした意識状態評価研究から得られた知見に関して述べる.

著者関連情報
© 2020 公益社団法人 日本リハビリテーション医学会

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top