The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine
Online ISSN : 1881-8560
Print ISSN : 1881-3526
ISSN-L : 1881-3526
特集『リハビリテーションロボットの運用と今後の可能性』
リハビリテーションロボットの現状とその有用性
田辺 茂雄大高 洋平
著者情報
ジャーナル 認証あり

2023 年 60 巻 11 号 p. 928-932

詳細
抄録

近年,医療へのロボット技術の応用が期待されており,リハビリテーション医学領域においての活用も進んでいる.本稿では,まずロボットの定義とその分類について述べる.次に,リハビリテーションロボットについて,支援ロボットごとの要点について述べる.最後に,練習支援ロボットの整理と近年の潮流について述べる.今後,研究開発,製品化および社会実装を促進していくためには,リハビリテーションロボットの作用機序の明確化,併せてコスト低減と費用対効果の検討が必要になると考えられる.

著者関連情報
© 2023 公益社団法人 日本リハビリテーション医学会

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top