日本胸部疾患学会雑誌
Online ISSN : 1883-471X
Print ISSN : 0301-1542
血清CEA高値を示した原発性肺クリプトコッカス症の1例
五十嵐 知文中川 晃吉田 豊西山 薫阿部 庄作
著者情報
ジャーナル フリー

1994 年 32 巻 4 号 p. 339-343

詳細
抄録

胸部単純像で腫瘤状陰影および血清CEAの高値を示し, TBLBで診断した原発性肺クリプトコッカス症の1例を報告した. 症例は43歳, 男性. 胸部異常影で当科を紹介された. 初診時の血清CEA値が7.0ng/mlと高値を示したが, 病状の軽快とともに0.8ng/mlに低下したこと, 免疫染色で肺胞表層に陽性結果を認めたこと, 消化管等に所見のないことなどから, クリプトコッカス症の肺病変が血清CEA値の上昇に関与していたものと考えた. 肺クリプトコッカス症は肺癌と鑑別困難な陰影を呈することが知られている. 本例でも, 画像所見, CEA高値のため肺癌との鑑別が問題となったが, TBLBで確診しえ保存的治療を選択できた. 積極的に気管支鏡下に生検を行い, 組織診を得るよう試みるべきである. Fluconazole は本症に有用性を期待し得る.

著者関連情報
© 日本呼吸器学会
前の記事 次の記事
feedback
Top