日本放射線技術学会雑誌
Online ISSN : 1881-4883
Print ISSN : 0369-4305
ISSN-L : 0369-4305
39. ディジタル画像のファイリングにおける一方法について(管理・計測技術-3 画像管理 PACS)
越田 吉郎高 悦郎
著者情報
ジャーナル フリー

1991 年 47 巻 8 号 p. 1074-

詳細
抄録

以上のように、光磁気ディスクAF-55を用いて、X線画像以外の画像、特に内視鏡画像をファイリングすることができた。内視鏡検査が増加している現在、集中画像管理としては有効な方法と考える。また、カラー受像紙に種々の画像をマルチ出力することで、画像の病歴保管とともに病変の変化をカルテファイリングでき、医師の患者への治療対応を向上させることができる。もちろん、医師が収録したオリジナル画像を参照したいときは、光ディスク及び光磁気ディスクより検索・表示できる。PACS化への流れが検討されている中、ディジタル画像のファイリング方法として今回CRシステムとピクトログラフィ2000を結合させた一方式を提案した。

著者関連情報
© 1991 公益社団法人 日本放射線技術学会
前の記事 次の記事
feedback
Top