日本臨床外科学会雑誌
症例
腹腔鏡下に切除した成人横行結腸重複腸管の1例
小村 俊博工藤 克昌大沼 忍内藤 剛柴田 近海野 倫明
著者情報
ジャーナル フリー

74 巻 (2013) 10 号 p. 2808-2811

詳細
PDFをダウンロード (3016K) 発行機関連絡先
抄録

患者は25歳,男性.1年間続く上腹部痛を主訴に当院消化器内科を受診した.初診時の腹部CT検査で,十二指腸下行部の腹側に嚢胞性病変を認めたが,来院時には症状が改善していたため外来で経過観察となった.1年後のCT検査で同病変の増大傾向を認めたため,手術目的で当科紹介となった.横行結腸間膜嚢胞性腫瘤と診断し,腹腔鏡下に手術を施行した.腫瘤は横行結腸間膜内に存在し,流入血管を処理した後に超音波凝固切開装置を用いて病変のみを切除した.術後の病理組織学的検索で横行結腸重複腸管と診断された.成人における大腸重複腸管は比較的まれであり,腹腔鏡下手術が行われた本邦報告例は自験例を含めて2例のみであるため報告した.

著者関連情報
© 2013 日本臨床外科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top