全日本鍼灸学会雑誌
Online ISSN : 1882-661X
Print ISSN : 0285-9955
ISSN-L : 0285-9955
臨床体験レポート
治療に東洋医学的手法を取り入れた神経麻痺2症例の検討
佐藤 裕四戸 豊佐藤 健一坂本 望今井 康雄城 茂治
著者情報
ジャーナル フリー

2007 年 57 巻 1 号 p. 25-30

詳細
抄録

68歳女性の顔面神経麻痺患者に星状神経節ブロック、薬物治療、経皮的神経刺激通電療法による治療を開始した。初診から1カ月後、十分な改善を認めず難治例とも思われたが、その後鍼治療を取り入れたところ症状は徐々に改善し、初診から10カ月後、麻痺症状は消失した。49歳女性の三叉神経麻痺患者に星状神経節ブロック、薬物治療、経皮的神経刺激通電療法などにより治療を行っていたが、症状は改善せず、麻痺に神経痛様疼痛を伴うようにもなり治療に苦慮していた。鍼治療を取り入れたところ症状の軽減を認め治療を継続している。これら神経麻痺2症例に対し、鍼治療が有効な治療手段であった。神経ブロック、薬物治療に鍼治療を併用することは極めて有用と考えられる。

著者関連情報
© 2007 社団法人 全日本鍼灸学会
前の記事 次の記事
feedback
Top