全日本鍼灸学会雑誌
Online ISSN : 1882-661X
Print ISSN : 0285-9955
腰部脊柱管狭窄症による間欠跛行に対する陰部神経鍼通電刺激の試み
井上 基浩北條 達也池内 隆治片山 憲史越智 秀樹勝見 泰和
著者情報
ジャーナル フリー

2000 年 50 巻 2 号 p. 175-183

詳細
抄録

馬尾性間欠跛行に対する陰部神経鍼通電療法の効果について検討した。また、その機序を調べる目的でラットの陰部神経を電気刺激した時の坐骨神経血流の反応と薬物投与の影響について併せて検討した。その結果、陰部神経鍼通電療法により4例全例に歩行距離の延長が確認された。その内一例は継続的な侠脊穴への鍼治療では歩行距離の延長は得られなかった。ラットの陰部神経電気刺激では、刺激中の坐骨神経血流の増加が確認された。この増加反応はアトロピンの投与により消失した。これらの結果から、陰部神経鍼通電療法は馬尾性間欠跛行に対して有効な一手段となる可能性が考えられた。また、その機序として陰部神経電気刺激が馬尾を含めた坐骨神経に対して血管拡張性に作用した可能性が示唆された。

著者関連情報
© 公益社団法人 全日本鍼灸学会
前の記事 次の記事
feedback
Top