日本臨床麻酔学会誌
Online ISSN : 1349-9149
Print ISSN : 0285-4945
日本臨床麻酔学会第29回大会 シンポジウム ─麻酔記録装置の現状と近未来─
自動麻酔記録システムの得意・不得意分野
讃岐 美智義
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 31 巻 2 号 p. 221-225

詳細
抄録

  現在の自動麻酔記録システムは術中だけの記録にとどまらず,麻酔管理に関連するさまざまな情報を統合して管理するため,麻酔情報管理システムAnesthesia Information Management System(AIMS)と呼称されるようになった.AIMSが,いわゆる電子カルテシステムと一線を画するためには,麻酔科医を補助し,麻酔の安全性に寄与できるシステムに成長する必要がある.そのためには得意分野・不得意分野をしっかり認識して実現可能な範囲を見定める必要がある.

著者関連情報
© 2011 日本臨床麻酔学会
前の記事 次の記事
feedback
Top