日本臨床麻酔学会誌
Online ISSN : 1349-9149
Print ISSN : 0285-4945
ISSN-L : 0285-4945
日本臨床麻酔学会第32回大会 シンポジウム ─周術期のチーム医療─
奈良県立医科大学附属病院における麻酔アシスタントの活動
杉本 浩士松成 泰典川西 秀明萱島 道徳川口 昌彦古家 仁
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 34 巻 4 号 p. 531-537

詳細
抄録

  日本麻酔科学会による周術期管理チーム養成の提唱等により,病院長の方針のもと,麻酔アシスタントとして麻酔補助業務を担当する臨床工学技士が誕生し,平成26年3月現在,6名が当院の研修プログラムを修了した.その業務内容は,術前準備を含めた麻酔補助・機器管理の大きく2つに分けられ,詳細は多岐にわたる.麻酔科医の業務軽減と医療安全の向上を目的として当制度が発足して現在約4年が経過した.麻酔補助においては業務の拡大と教育体制の充実が今後の課題であり,機器管理においてはますます業務が増える傾向にある.われわれ麻酔アシスタントと当院麻酔科医が共同で業務を行うことにより,医療安全の向上につながる可能性があると考える.

著者関連情報
© 2014 日本臨床麻酔学会
前の記事 次の記事
feedback
Top