日本臨床麻酔学会誌
Online ISSN : 1349-9149
Print ISSN : 0285-4945
ISSN-L : 0285-4945
紹介
2018年に当院で施行したオートプシー・イメージングの現状報告
市川 順子甲田 正紀西山 圭子小高 光晴有山 淳小森 万希子
著者情報
ジャーナル フリー

2020 年 40 巻 7 号 p. 588-591

詳細
抄録

2018年に当院で施行したオートプシー・イメージング(Ai)は220件で,主に心肺停止後の死因究明のために用いていた.Aiにより死因が究明できたのは放射線科医が読影した64件のうち11件,放射線科医に読影を依頼しなかった156件のうち40件であった.Aiによって死因が特定できた疾患では出血性病変,大きな梗塞性病変が多かった.術後に施行されたAiは調査期間以降に2例あったが,いずれも死因究明に至らなかった.Aiでの死因特定率が低いのは,死因で多い急性心不全などの原因となる冠動脈血栓や心筋虚血などの小さな梗塞性病変の評価が難しいからだ.死因が究明できなかった169件が検視となった.

著者関連情報
© 2020 日本臨床麻酔学会
前の記事 次の記事
feedback
Top