日本臨床麻酔学会誌
Online ISSN : 1349-9149
Print ISSN : 0285-4945
ISSN-L : 0285-4945
リドカインテープによる表在痛と深部痛の痙痛閾値の変化
藤本 淳木田 景子宇野 太啓池邊 晴美谷口 一男野口 隆之
著者情報
ジャーナル フリー

1999 年 19 巻 6 号 p. 400-403

詳細
抄録

貼付用リドカインテープ(ペンレス®)は,患者に疼痛を与えない局所麻酔を目的として開発されたテープ剤である.今回,健康成人ボランティア20人を対象として,リドカインテープによる表在痛及び深部痛の疼痛閾値の変化を測定し,プラセボと比較して評価した.
表在痛の疼痛閾値はリドカインテープ群がプラセボ群に比較して有意な上昇を示したが,深部痛では両群間に有意差はみられなかった.
リドカインテープは表在痛に対して有効であり,使用法が簡便であることや患者の苦痛を伴わないことから有用な鎮痛法であると思われた.一方,深部痛に対しては有効性は認められなかったが,貼付法•貼付時間の点からさらに検討の必要があると思われた.

著者関連情報
© 日本臨床麻酔学会
前の記事 次の記事
feedback
Top