日本臨床細胞学会雑誌
Online ISSN : 1882-7233
Print ISSN : 0387-1193
ISSN-L : 0387-1193
症例
Hodgkin/Reed-Sternberg 様細胞を伴った甲状腺の濾胞辺縁帯 B 細胞リンパ腫の 1 例
土田 秀小島 勝田端 里美神山 晴美中里 宜正飯島 美砂杉原 志朗正和 信英
著者情報
ジャーナル 認証あり

2011 年 50 巻 5 号 p. 279-282

詳細
抄録

背景 : B 細胞性小細胞性リンパ腫のような低悪性度 B リンパ腫の腫瘍細胞の一部に Epstein-Barr virus (EBV) が感染することで, ホジキンリンパ腫との複合リンパ腫類似の組織像を呈することが知られている. 今回, ホジキンリンパ腫類似の細胞所見を呈した, 甲状腺の濾胞辺縁帯 B 細胞リンパ腫の 1 例を経験したので報告する.
症例 : 83 歳, 女性. 前頸部腫脹を主訴に当センターを紹介受診. 当院 Computed Tomography で甲状腺右葉を中心に縦隔に及ぶ巨大な腫瘍が認められた. 摘出された頸部リンパ節の捺印標本では, 溶血性背景に大小のリンパ球, 類上皮細胞に加え核小体の明瞭な 2 核細胞や大型の異型細胞が認められた. 組織標本では小型リンパ球, 核腫大した組織球, 類上皮細胞を背景に単球様 B 細胞がシート状に増殖し, 巨細胞も散見された. In situ hybridization 法で EBV-encoded small RNA が Reed-Sternberg (RS) 細胞類似の巨細胞を含む多くの腫瘍細胞で陽性を示した.
結論 : 本症例のように低悪性度 B リンパ腫の腫瘍細胞の一部に EBV が感染することで, ホジキンリンパ腫に出現する RS 細胞類似の細胞を伴う症例が存在すると思われる.

著者関連情報
© 2011 公益社団法人 日本臨床細胞学会
前の記事 次の記事
feedback
Top