日本臨床細胞学会雑誌
Online ISSN : 1882-7233
Print ISSN : 0387-1193
ISSN-L : 0387-1193
Chlamydia感染症の形態的研究
2. ヒト子宮頸部にみられたChlamydia感染細胞の超微形態
計良 恵治堀内 文男武田 敏椎名 義雄石川 明高見沢 裕吉
著者情報
ジャーナル フリー

1987 年 26 巻 1 号 p. 57-63

詳細
抄録

Chlamydia感染が疑われた24例の子宮頸部生検組織を電子顕微鏡 (以下電顕と略) 的に観察し, 2例にChlamydia感染細胞 (以下CICと略) を検出した.
1. CICは, 扁平・円柱上皮境界部の扁平上皮化生を示す部分の, 大部分は表層にまた一部中層に, 単独~小グループで認められた.
2. CICの種類は, 化生細胞とみられる細胞のほか, 一部は扁平上皮, 円柱上皮またわずかに細胞質内管腔形成細胞であった.
3. Chlamydia封入体は, 大部分核近傍の細胞質内にみられ, 形は類円形~軽度不整形, 大きさは約5~10μmで, 封入体の様子はChlamydiaのタイプにより差がみられた.
4. CICの核質・細胞質は, Chlamydia封入体による核圧排以外, 著しい形態変化はみられない.
5. 光学顕微鏡 (以下光顕と略) 的にChlamydia封入体とまぎらわしいと思われる細胞質内管腔が電顕的に多数観察された.

著者関連情報
© 特定非営利活動法人 日本臨床細胞学会
前の記事 次の記事
feedback
Top