日本臨床細胞学会雑誌
Online ISSN : 1882-7233
Print ISSN : 0387-1193
ISSN-L : 0387-1193
同時発生した甲状腺髄様癌, 濾胞癌の1例
中村 淳博下中 恵美子石原 光雄金井 信行吉見 直己田中 卓二森 秀樹
著者情報
ジャーナル フリー

1988 年 27 巻 6 号 p. 959-962

詳細
抄録

穿刺吸引細胞診にて診断された51歳女性の甲状腺左葉に同時発生した髄様癌, 濾胞癌の症例を報告した. 患者は前頸部腫瘤を主訴として来院甲状腺左葉が腫大し, 大小の2つの結節が認められ, それぞれ穿刺吸引細胞診が施行され, パパニコロウ染色で前者は紡錘形ないし類円形核を有し, 粗顆粒状のクロマチンパターンを示す髄様癌と診断され, 後者は軽度の異型を示し, 時に核膜の陥凹を示す濾胞癌と診断された. 前者の腫瘍細胞は, Grirnelius染色陽性であった. これらの所見は甲状腺摘出後の組織学的検索で確認された.

著者関連情報
© 特定非営利活動法人 日本臨床細胞学会
前の記事 次の記事
feedback
Top