日本臨床細胞学会雑誌
Online ISSN : 1882-7233
Print ISSN : 0387-1193
ISSN-L : 0387-1193
術中迅速細胞診で診断した網膜芽細胞腫
東浦 賢市原 周竹田 計一林 和馬田村 潤安藤 文隆
著者情報
ジャーナル フリー

1991 年 30 巻 6 号 p. 1151-1153

詳細
抄録

3歳の少女の網膜芽細胞腫に対して術中迅速細胞診を行った.広範なghost cell necrosisを背景に裸核様類円形核を有する異形細胞がゆるい集塊状ないし孤立散在性に出現.ごく一部にロゼット類似の構造を認めた。組織学的には眼球内に限局する未分化型網膜芽細胞腫で, 血管周囲性偽ロゼット, 一部血管周囲に塩基好性物質の沈着を認めた。真のロゼット, 石灰化は認めなかった.免疫染色ではNeuron specific enolase と Glial fibrillary acidic proteinが陽性であったが両者の染色態度には差がみられた。

著者関連情報
© 特定非営利活動法人 日本臨床細胞学会
前の記事 次の記事
feedback
Top