日本臨床細胞学会雑誌
Online ISSN : 1882-7233
Print ISSN : 0387-1193
ISSN-L : 0387-1193
心膜中皮腫の1剖検例
宮石 理村上 栄田村 邦夫酒井 求赤田 邦夫酒井 喜久原 一夫
著者情報
ジャーナル フリー

1992 年 31 巻 6 号 p. 1019-1025

詳細
抄録

28歳男性に発生した心外膜原発の悪性中皮腫について報告した. 心タンポナーデにて発症, 心嚢水細胞診および生検を施行したが確定診断のつかないままに腹膜炎を併発して死亡. 剖検にて心外膜に限局して発育する腫瘍組織を認めた. 組織学的, 組織化学的, および電顕的検索によりこの腫瘍は中皮由来のものと考えられ, また他の臓器には腫瘍性病変がみられなかったことより心外膜原発の悪性中皮腫と診断した. この腫瘍は, 本邦では50数例が報告されているかなりまれな腫瘍である. 本例は免疫組織学的にCEA陽性であるところが特異であった.

著者関連情報
© 特定非営利活動法人 日本臨床細胞学会
前の記事 次の記事
feedback
Top