日本臨床細胞学会雑誌
Online ISSN : 1882-7233
Print ISSN : 0387-1193
ISSN-L : 0387-1193
乳頭状増殖を示す甲状腺疾患
それらの鑑別におけるLeu-M1の有用性
丹原 美佳大杉 典子広川 満良
著者情報
ジャーナル フリー

1994 年 33 巻 4 号 p. 631-634

詳細
抄録

われわれは乳頭状増殖を示す甲状腺疾患を鑑別する目的で, 乳頭癌, 腺腫様甲状腺腫, バセドウ病の組織標本と捺印塗抹標本を対象に, 組織化学的, 免疫組織化学的検討を行った.Alcian blue染色および抗EMA抗体, 抗Leu-7抗体, 抗Leu-M1抗体などを用いた免疫染色において, 乳頭癌に対する感度と特異性はLeu-M1がもっとも高かった. われわれは日常の外科病理診断や細胞診断において, Leu-M1を用いた免疫組織化学的検索が乳頭状構造を示す甲状腺疾患の鑑別に有用であると考える.

著者関連情報
© 特定非営利活動法人 日本臨床細胞学会
前の記事 次の記事
feedback
Top