日本臨床細胞学会雑誌
Online ISSN : 1882-7233
Print ISSN : 0387-1193
ISSN-L : 0387-1193
子宮体部扁平上皮癌の1例
則松 良明古谷 満寿美香田 浩美尾関 祐里沖野 毅津嘉山 朝達
著者情報
ジャーナル フリー

1996 年 35 巻 6 号 p. 604-608

詳細
抄録

症例は57歳女性, 近医で子宮後方の腫瘍を指摘され精査のため受診. 子宮内膜擦過細胞診で核異型の強い, オレンジGに濃染する異常角化細胞や流れるような配列を示す異型細胞集塊と内膜腺上皮が認められた. 頸部・頸管擦過細胞診は異型細胞がきわめて少数であったことより体部原発の扁平上皮癌が疑われた. 病理組織学的には子宮体部原発低分化型扁平上皮癌であり, 両側卵巣は著変なく, 両側傍卵巣, 傍卵管の多嚢胞性病変 (部分的には小結節状の反応性中皮増生がみられた) を伴っていた. 左側嚢胞壁には扁平上皮癌の浸潤が認められた. 子宮体部原発扁平上皮癌はまれであり, 多少の文献的検討結果も加えて報告する.

著者関連情報
© 特定非営利活動法人 日本臨床細胞学会
前の記事 次の記事
feedback
Top