日本臨床細胞学会雑誌
Online ISSN : 1882-7233
Print ISSN : 0387-1193
ISSN-L : 0387-1193
子宮頸部の明細胞腺癌と漿液性乳頭状腺癌が共存した1例
稲垣 昇藤井 義弘西野 るり子是松 元子清水 健長谷川 清志北井 啓勝
著者情報
ジャーナル フリー

1997 年 36 巻 4 号 p. 403-407

詳細
抄録

子宮頸部の明細胞腺癌と漿液性乳頭状腺癌が共存した本邦では非常にまれな1症例を経験したので報告する. 症例は68歳, 女性. 不正出血にて近医受診したところ子宮頸部i擦過細胞診にてClassIVと診断され, 当院へ紹介された. 子宮頸管プラン細胞診および子宮頸管キュレット組織診にて子宮頸部腺癌と診断し, 広汎子宮全摘術を施行したところ浸潤部で明細胞腺癌を認めた. 術前の子宮頸管ブラシ細胞診を再度鏡検したところ, 一部に広くレース状の細胞質を持ち, 淡染性のクロマチンを持った, 核小体がかなり明瞭で大型の細胞集団が認められた. 卵巣や子宮体部を含め明細胞性腺癌の予後が非常に悪いことを考えれば, 子宮頸部擦過細胞診で腺癌細胞が検出されたときには注意深く鏡検し, 明細胞性腺癌の存在が疑われるような細胞が検出されたときには, 積極的に明細胞性腺癌の混在や共存も考える必要があると思われた.

著者関連情報
© 特定非営利活動法人 日本臨床細胞学会
前の記事 次の記事
feedback
Top