日本臨床細胞学会雑誌
Online ISSN : 1882-7233
Print ISSN : 0387-1193
ISSN-L : 0387-1193
膵solid cystic tumor 4例の細胞像
稲垣 朋子荒川 昭子国村 利明大池 信之永井 智子福田 ミヨ子上倉 恵子諸星 利男
著者情報
ジャーナル フリー

2001 年 40 巻 4 号 p. 378-382

詳細
抄録

背景:病理組織学的に確定されたsolid cystic tumor (SCT) の4切除例を経験し, その捺印細胞診像について形態学的立場から検討を行ったので報告した.
症例:症例はすべて女性で, 年齢は12, 14, 30, 31歳であった. 4症例中3症例は被膜形成が認められ, 中心部に壊死を伴う偽嚢胞状腫瘍を示した. 残る1例は被膜形成を欠き, 中心部に壊死を伴わず, 充実性腫瘍としてみられた. 細胞学的には出血性壊死性背景に異型に乏しい小型, 均一な腫瘍細胞が乳頭状構造を示した. 壊死を高度に伴う1例は, viableな細胞成分に乏しく, ghost状の乳頭状集塊を認めた.
結論:SCTの細胞診断を行う上で, 類似した画像所見を呈する島細胞腫, 腺房細胞癌, 膵芽腫との鑑別が必要であり, 毛細血管性間質を軸とする乳頭状構造はSCTに特徴的な所見と考えられた.

著者関連情報
© 特定非営利活動法人 日本臨床細胞学会
前の記事 次の記事
feedback
Top