日本がん看護学会誌
Online ISSN : 2189-7565
Print ISSN : 0914-6423
ISSN-L : 0914-6423
原著
薬物療法を受ける造血器腫瘍患者の口腔トラブルの実態とそのマネジメント
菊田 美穂方尾 志津安達 美樹大内 紗也子脇口 優希中野 宏恵内布 敦子
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 31 巻

詳細
抄録

要 旨

目的:本研究の目的は,薬物療法を受ける造血器腫瘍患者の口腔トラブルの実態と,患者が症状をどのようにマネジメントしている明らかにすることである.

方法:対象は,造血器腫瘍により薬物治療を受けている患者であった.方法は,症状マネジメントモデルを概念枠組みとした半構成的面接を行い,口腔トラブルの症状体験やマネジメントを収集した.また,口腔内の状態,QOL,自己効力感,セルフケア能力の評価を行った.薬物療法1 コースの1 週目から4 週目までの変化を分析した.

結果:対象者14 名全員がなんらかの口腔トラブルを体験し,そのうち11 名が口腔内乾燥や唾液の減少,5 名が口腔粘膜炎を認めた.多くの対象者が一時的に口腔内の状態の悪化がみられたが,改善がみられなかった対象者は14 名中2 名と少数であった.遷延する高度の血球減少や身体状況の悪化,セルフケア能力が低い対象者にOAG(Oral Assessment Guide)スコアの悪化がみられ,医療者の介入の必要性が高かった.

対象者が取り組んでいる口腔トラブルへの対処方法は,過去の口腔トラブルの体験から獲得した方略や,口腔ケアの習慣が強く影響しており,口腔内に違和感が現れたら含嗽を追加するなど,血球や身体の変化に応じた適切な対処を実践していた.しかし,QOL は全体的に低く,一部の対象者に自己効力感の低下がみられ,取り組んでいる効果が実感できていないことが分かった.

著者関連情報
2017 一般社団法人 日本がん看護学会
前の記事 次の記事
feedback
Top