教育情報研究
Online ISSN : 2432-1745
Print ISSN : 0912-6732
国立大学におけるレピュテーション・マネジメントに関する意識と取組及びIRの活用の実態
アンケート調査の結果を元に
高田 英一大石 哲也森 雅生関 隆宏小柏 香穂理劉 沙紀
著者情報
ジャーナル フリー

2020 年 36 巻 2 号 p. 87-93

詳細
抄録

大学が近年の厳しい経営環境に対応するためには,ステークホルダーの支持を得る必要があり,そのためには,ステークホルダーによる認知の集積である「レピュテーション」を高め管理する取組である「レピュテーション・マネジメント」(reputation management)の取組を進める必要がある.また,その際には,大学のデータマネジメントを担当するIRの活用の取組が有効と考えられるが,いずれの取組の状況も明らかでない.このため,国立大学に対してこれらの取組の現状に関するアンケート調査を実施した.調査の結果から,レピュテーション・マネジメントの重要性が多くの大学で認識されるとともに,レピュテーション・マネジメントに関する取組が実施されていること,また,レピュテーション・マネジメントへのIRの活用の必要性が認識されている状況が明らかとなった.

著者関連情報
前の記事 次の記事
feedback
Top