頭頸部外科
Online ISSN : 1884-474X
Print ISSN : 1349-581X
ISSN-L : 1349-581X
原著
当科における耳下腺癌の検討
足立 将大中山 雅博西村 文吾田中 秀峰田渕 経司和田 哲郎原 晃
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 27 巻 3 号 p. 313-318

詳細
抄録

2002年4月から2015年3月までの13年間に当科で初回治療を行った耳下腺癌症例35例について検討を行った。内訳は男性25例,女性10例で,年齢中央値は65歳(31~84歳)であった。T分類は,T1:3例,T2:7例,T3:7例,T4:18例であり,N分類に関しては,N0:20例,N1:6例,N2:9例であった。病理組織型は11種類であり,腺房細胞癌が6例と最多であった。
5年粗生存率は52.6%であった。単変量解析ではリンパ節転移,悪性度,顔面神経切除,血管・リンパ管浸潤,神経周囲浸潤が有意な予後因子であった。さらなる予後改善のためには,予後不良因子を有する症例での術後放射線治療を検討する必要があると考えられた。

著者関連情報
© 2018 特定非営利活動法人 日本頭頸部外科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top