園芸学会雑誌
Online ISSN : 1880-358X
Print ISSN : 0013-7626
ISSN-L : 0013-7626
トウガラシ属の種間雑種に発現する座止及びウイルス病類似症状
矢澤 進佐藤 隆徳並木 隆和
著者情報
ジャーナル フリー

1990 年 58 巻 4 号 p. 935-943

詳細
抄録

トウガラシ属のCapsicum annuum 7品種, C. chinense3品種, C. frutescens 2品種, C. baccatum 3品種を供試し, 種間雑種に発現する座止及びウイルス病類似病状 (Virus-like Syndrome, VLS) について検討した.前報(8)で C. chinense ‘No. 3341’ と C. annuumとの種間雑種で座止を発現することを認めたが, ここで供試した C. chinense の他の2品種も‘No. 3341’と同一と思われる座止発現遺伝子を持つことが明らかとなった.
C. frutescens ‘タバスコ’もC. chinense ‘No. 3341’と同一と思われる座止遺伝子を持つことが認められた.
C. annuumC. chinense 及び C. frutescens とのF1における座止発現には細胞質の関与は認められなかった.
C. chinenseC. baccatum 及び C. frutescensC. baccatum の種間雑種は, いずれの組合せび C. baccatumを花粉親とした場合にVLSが発現し, 逆交雑では. VLSは発現しなかった. このことからVLSの発現には核内遺伝子とともに, C. chinense あるいはC.
frutescens の細胞質が関与していると認められ, C.chinenseC. frutescens の細胞質には遺伝的に一部共通性があることが示唆された. また, C. annuum ‘ブラック•プリンス’×C. baccatum ‘No. 3985’にVLSが発現し, C. annuum の品種の中には, C. chinenseあるいは C. frutescens の細胞質と遺伝的に一部共通するものの存在が認められた.

著者関連情報
© 園芸学会
前の記事 次の記事
feedback
Top