園芸学会雑誌
Online ISSN : 1880-358X
Print ISSN : 0013-7626
チュウゴクナシ'鴨梨'果実の低温障害発生と貯蔵性に及ぼす温度の影響
寧 波久保 康隆稲葉 昭次中村 怜之輔
著者情報
ジャーナル フリー

1992 年 61 巻 2 号 p. 461-467

詳細
抄録

チュウゴクナシ'鴨梨' (Pyrus ussuriensis Maxim. var. sinensis Kikuchi) 果実の貯蔵および流通技術の基礎資料を得る目的で, 0°, 5°, 10°および20°Cに貯蔵し, 低温障害の発生状況および貯蔵性を調査した.さらに, 温度コンディショニングの効果を調べ, 低温障害の発生機構についても考察を加えた.
1. 5°Cおよび0°C貯蔵では果肉の褐変と水浸状症状として, 低温障害が発生した. 貯蔵期間の延長に伴って, いずれの貯蔵温度でも果心部の褐変がみられたが, 低温ほど早く現れた.
2.果実の呼吸活性とエチレン生成量は貯蔵温度が低いほど, より強く抑制された. 20°Cの昇温後の呼吸活性は, 低温障害が発生しない間は20°C貯蔵果の値とほとんど同レベルになったが, 障害発生に伴って20°Cの値よりもかなり大きくなった.
3.果肉の電解質漏出割合と低温障害の発生との間には関連性がみられ, 障害が激しいほど電解質漏出割合も大きかった.
4. 5°C貯蔵での低温障害の発生は種々の温度コンディショニングにより明らかに抑制されたが, 3週間以上のコンディショニング時間が必要であった. コンディショニングによる低温障害抑制の機構は低温順化ではなく, ageの進行が主因であると推察された.
5.温度コンディショニングにより, 貯蔵5か月後も良好な風味が保持された.

著者関連情報
© 園芸学会
前の記事
feedback
Top