農業農村工学会誌
Online ISSN : 1884-7196
Print ISSN : 1882-2770
 
非硬化ジオポリマーにおける土木材料としての利用の検討
米倉 英史近藤 文義
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 79 巻 6 号 p. 429-432,a1

詳細
抄録

ポルトランドセメントに代わる材料として,火力発電所から産業副産物として出されるフライアッシュ(石炭灰)を利用し作製されるジオポリマーは,①アルカリシリカ反応の抑制,②乾燥収縮の減少,③水和熱の減少,④水密性の向上,⑤流動性の改善,などで優れた素材である。しかし,フライアッシュによっては,硬化しにくく,ジオポリマーとして強度発現しにくいものがある。本研究では,強度発現しにくいジオポリマーを固化・硬化させるために必要な普通ポルトランドセメントの添加量を明らかにした。また,ジオポリマーを作製するために使用する溶液に,水道水ではなく消石灰を用いたアルカリ性の石灰水を利用し,圧縮強さを高めることができることを明確にした。

著者関連情報
© 2011 公益社団法人 農業農村工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top