農業農村工学会誌
Online ISSN : 1884-7196
Print ISSN : 1882-2770
農業農村の振興と活性化に及ぼす事業効果算定手法の開発
木下 貴裕小原 利勝山本 拓郎川上 敏幸
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 80 巻 9 号 p. 735-739,a2

詳細
抄録

昨今,農業農村整備事業の効果は,費用対効果の一層の向上が求められている。そのような中,単一な事業導入による「直接効果」については,一定の算出方式で評価されてきたが,事業の導入によりほかの産業部門などへ波及する「間接効果」や複数の事業導入が相互に影響しあって生じる「相乗効果」は,評価する手法がいまだに判然としていない。筆者らは,それら種々の効果が農業農村の振興と活性化に大きく寄与していると考え,現地実態調査に基づき,それら効果の発現メカニズムを多面的に図式化した「効果発現モデル」と各種効果を数値化し算定・評価する「効果算定手法」の開発を行った。本報では,その取組みについて報告する。

著者関連情報
© 2012 公益社団法人 農業農村工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top