農業農村工学会誌
Online ISSN : 1884-7196
Print ISSN : 1882-2770
無機系表面被覆材による開水路補修工事の追跡調査と性能評価
長谷川 雄基谷村 成田中 基博高橋 慶吉佐藤 周之
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 82 巻 7 号 p. 555-558,a2

詳細
抄録

現在,農業水利施設の補修工事に適用される材料および工法の品質の規格化が進められている。一方,実施工された補修材料の追跡調査の結果を報告している例は少なく,今後は追跡調査の結果をフィードバックすることで,補修材料の品質規格値や耐用年数が確立されていくと予想される。本報では,コンクリート開水路に補修された無機系表面被覆材の施工後の追跡調査を通して,各種性能評価の方法およびその課題の抽出を試みた。結果として,本調査で実施した各種試験により,無機系表面被覆材の諸性能を評価できることがわかった。また,本調査で対象とした補修工法では,施工後最長6年が経過しても,補修材の性能低下は生じていないと推察された。

著者関連情報
© 2014 公益社団法人 農業農村工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top