農業農村工学会誌
Online ISSN : 1884-7196
Print ISSN : 1882-2770
松潟堰改修計画における水門形式の決定過程
山本 照幸
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 76 巻 8 号 p. 748-749,a4

詳細
抄録

関東農政局管内の国営事業 (務) 所において建設されている頭首工の水門設備にはさまざまな形式, 材質があり, 頭首工を計画する際には, 地域の特性による現場条件 (地形条件, 立地条件), 使用方法 (通年取水か灌漑期間に限定された取水か), 農業用水単独の施設か, 管理方法は予定管理者の要望と整合が図られているか等のあらゆる条件を考慮するとともに, イニシャルコスト, ランニングコストの経済性の検討がなされ, この結果, 最適となる形式が選定され採用されている。ここでは, 国営両総農業水利事業所で建設中の松潟堰水門設備において, 頭首工設計時の水門形式の決定, 採用に至るまでの過程と検討した内容をとりまとめたので報告する。

著者関連情報
© 社団法人 農業農村工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top