農業農村工学会誌
Online ISSN : 1884-7196
Print ISSN : 1882-2770
水路設計支援システムの応用
姜 華英
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 76 巻 9 号 p. 838-839,a3

詳細
抄録

水利施設の計画・設計に欠かせない不定流シミュレーション手法ではその数理モデルの構築が難しく, 多大な時間と労力を要する。その問題を解決するために, 水理諸元のデータベースから自動的に不定流シミュレーション数理モデルを構築できる「水利施設計画・設計支援システム」を構築し, さまざまな現場で適用した。調整池容量の最適計画では, 長大用水路系に設置されている調整池が現在の用水実態に対応せず, 通水障害が生じた場合を対象として, 用水実態から計画用水パターンを推定し, 最適な調整容量の計画を行った。開水路合流部の最適設計では, 合流部水路の設計に2次元不定流シミュレーション手法を応用し, 用地条件などを考慮した最適水路断面を設計した。

著者関連情報
© 社団法人 農業農村工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top