廃棄物資源循環学会論文誌
Online ISSN : 1883-5899
Print ISSN : 1883-5856
ISSN-L : 1883-5856
論文
最終処分場の適正化に向けた調査と対策Ⅰ
――主に力学的安定性の観点から――
宮原 哲也八村 智明大野 博之小坂 英輝大久保 拓郎山内 一志山中 稔
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2018 年 29 巻 p. 206-218

詳細
抄録

既設の一般廃棄物最終処分場において,不適正な状況を改善するための適正化事業が行われた。この最終処分場は,旧崩壊地形の中に設置されたものであり,最終処分場周辺の地すべりや埋立地内の廃棄物層の力学的安定性が問題の一つとなった。この最終処分場において,こうした力学的安定性の観点からの調査として,地下水調査,地盤変位調査,物理探査等を実施した。
 その結果,廃棄物層の推定には地質工学的手法 (資料調査,地形調査,地質調査,総合評価) が重要であることが示された。さらに,周辺の旧崩壊地形は,現状安定であっても古い廃棄物を除去した場合不安定化すること,廃棄物層には応急対策実施後も高い含水状態の部分があり,大規模地震等が生じたとき不安定化する可能性があることなどが明らかとなった。恒久対策としては,押え盛土的役割をもっている古い廃棄物を残し,廃棄物層内の保有水等の除去を行うことが有効であることの結論を得た。

著者関連情報
© 2018 一般社団法人 廃棄物資源循環学会
前の記事 次の記事
feedback
Top