Journal of Japan Society of Neurological Emergencies & Critical Care
Online ISSN : 2433-1600
Print ISSN : 2433-0485
【特集】脳波が主役:意識障害・神経救急の診断学
代謝性・中毒性脳症の脳波
下竹 昭寛松本 理器人見 健文池田 昭夫
著者情報
ジャーナル フリー

2019 年 31 巻 2 号 p. 9-15

詳細
抄録

意識障害の患者において代謝性脳症は比較的よく遭遇する病態であり,脳波はその診断と病勢の把握に有用である。代謝性脳症の脳波所見は,意識障害の程度と関係して,基礎律動・後頭部優位律動の徐波化や消失,間欠的律動性または持続性高振幅の全般性デルタ活動,三相波(Triphasic wave)を呈する場合もある。三相波は,陰−陽−陰の三相性からなる特徴的な波形で,肝性脳症を含む代謝性脳症で認めることが多い。中毒の脳波所見の中に両側同期性の全般性周期性放電(Generalized Periodic Discharges(GPDs))を呈するものがある。薬物関連では,炭酸リチウム,テオフィリンなどが挙げられ,セフェピム脳症によるものも知られる。三相波/GPDs においては,非けいれん性てんかん重積(NCSE)の可能性についても常に念頭に置く必要がある。代謝性・中毒性脳症の脳波は原因検索に必ずしも特異的な所見を示すわけではないが,特徴的な脳波所見を示す場合があり,また非侵襲的に早期から病態の客観的な評価が可能であり,積極的に活用すべきである。

著者関連情報
© 2019 Japan Society of Neurological Emergencies & Critical Care
前の記事 次の記事
feedback
Top