日本看護研究学会雑誌
Online ISSN : 2189-6100
Print ISSN : 2188-3599
ISSN-L : 2188-3599
閉経後の日本人女性の骨密度に影響を及ぼす要因
宮島 多映子鵜山 治桐村 智子加治 秀介吉本 祥生
著者情報
キーワード: 骨密度, 栄養, 加齢, 閉経
ジャーナル フリー

2002 年 25 巻 5 号 p. 5_97-5_107

詳細
抄録

  閉経後女性の骨密度に影響する因子を明らかにする目的で,閉経後女性53名の全身骨密度・腰椎骨密度・踵骨の超音波減衰率 (BUA) と閉経後年数・栄養摂取状態の関連を,60代20名・70代24名・80代以上9名の3群に分けて検討した。 その結果,60代では骨密度と閉経後年数は有意な負の相関を示し,70代・80代以上では有意な相関を示さなかった。 しかし,骨密度と栄養摂取状態では,60代・70代では有意な相関を示さなかったが,80代以上では全身骨密度と蛋白質摂取量 (r=0.740, p<0.05)・ビタミン B1摂取量 (r=0.720, p<0.05),腰椎骨密度とカルシウム摂取量 (r=0.685, p<0.05),BUA と鉄摂取量 (r=0.893, n=6, p<0.05) で有意な正の相関を示した。 このことから,閉経後女性の骨密度には,60代では閉経後年数が影響しており,80代以上では栄養摂取状態が影響することが示された。

著者関連情報
© 2002 一般社団法人 日本看護研究学会
前の記事
feedback
Top