日本看護研究学会雑誌
Online ISSN : 2189-6100
Print ISSN : 2188-3599
ISSN-L : 2188-3599
一人前レベル看護師のチーム医療における看護の専門性の認識
阿部 香織鹿村 眞理子水田 真由美
著者情報
ジャーナル フリー

2020 年 43 巻 4 号 p. 4_693-4_704

詳細
抄録

目的:一人前レベル看護師が,チーム医療における看護の専門性をどのように認識しているかを明らかにする。
方法:臨床経験3〜4年目の看護師10名を対象に半構造化面接を実施し質的記述的研究法で分析した。
結果:一人前レベル看護師のチーム医療における看護の専門性の認識として,【患者・家族の一番身近にいてニーズの把握】【患者にとっての最善を見出し生活に考慮したケアの実践】【些細な変化にも気づける多角的なアセスメント能力】【チームで患者に良い援助ができる情報の共有】【チーム内での人間関係づくりの推進】【他職種の専門性を尊重した活用】の6つのカテゴリーを見出した。サブカテゴリーからは他職種への報告の困難感,カンファレンスでの発言の困難さ,他職種の専門性の理解の不十分さを見出した。
結論:一人前レベル看護師への卒後教育プログラムの開発と他職種と協働し問題解決する能力を育成する必要性が示唆された。

著者関連情報
© 2020 一般社団法人 日本看護研究学会
次の記事
feedback
Top