日本看護研究学会雑誌
Online ISSN : 2189-6100
Print ISSN : 2188-3599
ISSN-L : 2188-3599
在宅で暮らす小児の生活を守る訪問看護師による診療報酬で算定できないサービスの実態
部谷 知佐恵岡田 摩理泊 祐子赤羽根 章子遠渡 絹代市川 百香里叶谷 由佳濵田 裕子
著者情報
ジャーナル フリー 早期公開

論文ID: 20211206162

この記事には本公開記事があります。
詳細
抄録

目的:全国の小児の訪問看護を行う訪問看護ステーション(以下,訪問St.)において診療報酬を算定できないサービスの実態と算定の必要があると考えるサービスについて明らかにする。方法:全国の小児利用者のいる訪問St.に診療報酬を算定できないサービスの実施状況と必要性に関する質問紙調査を行い,455か所の訪問St.の記述統計および自由記述の内容分析を行った。結果:診療報酬を算定できないサービスは78.7%の訪問St.で実施されており,実施による小児のメリットは【状態が変化しやすい小児の体調悪化のリスク回避ができる】【状況の変化に合わせて小児の成長発達が促進できる】【医療的ケア児と家族の生活が安定する】【小児と家族の状況に応じた支援体制が構築できる】があった。結論:多くの訪問St.が,診療報酬の算定ができなくても小児にとってのメリットがあることでサービスを提供しており,算定の必要性を感じていた。

著者関連情報
© 2022 一般社団法人 日本看護研究学会
feedback
Top