日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌
Online ISSN : 1884-6114
Print ISSN : 1883-1273
総説
サルコイドーシス診療における血液バイオマーカーの有用性と問題点
半田 知宏長井 苑子
著者情報
ジャーナル フリー

36 巻 (2016) 1_2 号 p. 53-58

詳細
PDFをダウンロード (461K) 発行機関連絡先
抄録

 サルコイドーシスの血液バイオマーカーとして代表的なものに血清ACEと可溶性IL-2レセプターがあり,後者は2015年に改訂されたサルコイドーシスの診断基準において,特徴的な検査所見項目として新たに加えられた.診断マーカーの有用性は鑑別の対象となる疾患によって異なるが,悪性リンパ腫や近年注目を集めているIgG4関連疾患では血清可溶性IL-2レセプターが上昇するため,これらの疾患とサルコイドーシスの鑑別における可溶性IL-2レセプター有用性は低いと考えられる.一方で,サルコイドーシスの肺病変の進行を予測する上では血清ACEよりも可溶性IL-2レセプターの有用性が高い可能性がある.サルコイドーシスの重要臓器障害には線維化が関与しており,その病態理解を深めることが臨床上有用なバイオマーカーの探索の上でも重要であると考えられる.

著者関連情報
© 2016 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会
前の記事 次の記事
feedback
Top