日本ペインクリニック学会誌
Online ISSN : 1884-1791
Print ISSN : 1340-4903
症例
遷延性術後痛に対し末梢神経パルス高周波療法が有効であった3例
溝渕 敦子植松 弘進大迫 正一博多 紗綾藤野 裕士松田 陽一
著者情報
ジャーナル フリー

24 巻 (2017) 1 号 p. 55-59

詳細
PDFをダウンロード (672K) 発行機関連絡先
抄録

症例1は56歳,女性.右肩腱板断裂修復術後から右肩の痛みと関節可動域(ROM)制限が1年9カ月残存し,薬物治療や神経ブロック治療を行っても改善しなかった.右肩甲上神経にパルス高周波療法(PRF)を施行したところ,ROM制限は著明に改善し,痛みも徐々に軽快した.症例2は79歳,女性.約9年前の人工膝関節置換術(TKA)後から左下腿と膝の痛みを自覚し,膝の屈曲制限が残存していた.左伏在神経にPRFを行ったところ,直後から良好な鎮痛が得られ,膝関節の屈曲制限も著明に改善した.1カ月後に痛みが再燃したため,再度伏在神経にPRFを行い,痛みは消失した.症例3は73歳,女性.5年前のTKA後から左下腿前面にアロディニアが出現し,治療抵抗性であった.左伏在神経PRFを施行し,直後からアロディニアは軽快した.3症例ともPRF直後から鎮痛効果があり,6カ月以上効果は持続している.従来の治療で改善しなかった遷延性術後痛に対し,末梢神経PRFが有効であった上記3症例について文献的考察を加え報告する.

著者関連情報
© 2017 一般社団法人 日本ペインクリニック学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top