静脈経腸栄養
Online ISSN : 1881-3623
Print ISSN : 1344-4980
特集
高齢食道がん患者の術後早期回復のための課題
鍋谷 圭宏永田 松夫齋藤 洋茂滝口 伸浩池田 篤貝沼 修早田 浩明趙 明浩外岡 亨有光 秀仁栁橋 浩男河津 絢子實方 由美掛巣 孝則羽田 真理子福原 麻后近藤 忠佐々木 良枝前田 恵理吉澤 直樹内山 友貴上野 浩明高橋 直樹山本 宏
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 29 巻 6 号 p. 1299-1305

詳細
抄録

 食道がん外科治療は「高リスク患者に対する高度侵襲手術」であり、特に高齢者では、日本外科代謝栄養学会ESSENSEプロジェクトの基本理念である「侵襲反応の軽減」、「身体活動の早期自立」、「栄養摂取の早期自立」、「周術期不安軽減と回復意欲の励起」を心掛けた手技と管理が必要である。近年、高齢食道がん患者に対する根治切除術も低侵襲化され、「身体に優しい」治療になりつつある。しかし、70歳以上の高齢者では、術後合併症が多い傾向で、食事開始後退院まで時間を要し、経腸栄養継続の意義が高いことが示唆された。高齢者では、oncological(がん治療としての有効性を踏まえた手術選択)、physical(肉体的)、mental(精神的)、social(社会的)な援助が適切に行われ、全人的支援があってこそ、「心にも優しい」術後早期回復が可能になると思われる。そのためには、NST・精神科医や医療ソーシャルワーカーなどを含めた多職種連携が必須である。

著者関連情報
© 2014 日本静脈経腸栄養学会
前の記事 次の記事
feedback
Top